【球宴】初選出の平井は無失点投球で球宴デビュー(スポーツ報知)

◆マイナビオールスターゲーム2019 全セ11―3全パ(13日・甲子園)

 オールスター初出場の西武・平井克典投手(27)が5回に登板し、1回1安打無失点で球宴デビューを飾った。

 「思ったより緊張はしなかった」。2死から、阪神・近本に二塁打を許したが、その後は中日・高橋周を決め球のスライダーで一ゴロに打ち取り、球宴初マウンドを降りた。「楽しめた。点を取られずに終わることができてよかったです」。

 12球団トップの44試合に登板。「パ・リーグの投手といろいろ話せたので、後半戦に生かせたら」。火消し役として幾度のピンチを救ってきた右腕は、チームのためにマウンドに立ち続ける。

【広告】

【ファイテン公式】




コメントは受け付けていません。