【秋田】春を制した明桜がヒヤヒヤながら初戦を突破(スポーツ報知)

出典元:4回1死満塁、右前へ2点タイムリーを放ち、二塁ベース上でガッツポーズを見せる明桜の加藤主将(右)

◆第101回全国高校野球選手権秋田大会 ▽2回戦 明桜4―3秋田(13日、こまちスタジアム)

 2年ぶりの夏制覇を狙う明桜が秋田の猛追をしのぎ、4―3で競り勝った。初回に1点を先制されたが、3回に相手のエラーなどで同点に追いつく。1―1で迎えた4回1死満塁では、主将の加藤洋平捕手(3年)が右前へ勝ち越しの2点打。6回に2点を返され、1点リードの9回には1死一、二塁と一打逆転のピンチとなったが、後続を抑えてなんとか逃げ切った。

 3安打とチームを引っ張った加藤主将は「昨年の夏は(決勝で金足農に敗れ)悔しい思いをした。勝つためには、打撃力をつけないといけないとみんなでやったきた。そのことが今日の結果につながった」と話していた。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。