【愛知】星城3発でセンバツV東邦をコールド撃破、最速146キロ右腕・石黒が8回3失点完投&3ラン(スポーツ報知)

◆第101回全国高校野球選手権愛知大会 ▽2回戦 星城10―3東邦=8回コールド=(13日・春日井)

 星城が今センバツ覇者・東邦をコールドで破る逆転の金星を挙げた。センバツ優勝右腕・石川昂弥(3年)に3発を浴びせ、13安打10得点。プロ注目の最速146キロ右腕・石黒佑弥(3年)は8回3失点完投し、打ってもダメ押し3ランと投打二刀流で躍動した。

 3回に3点を先行されたが、気持ちは折れなかった。直後に河田隆博右翼手(3年)が追撃の左越えソロ。1点を追う4回には、先頭・稲吉興太捕手(3年)の同点左中間ソロから5連打。この回6安打4点で逆転した。

 石黒は6回以降を無安打で反撃を封じた。石川とは、昨年末にともに愛知県選抜でオーストラリアに遠征。「どこに投げても打たれそうなオーラがあった」と語ったが、初回の中前安打だけで決定打を許さず。「そのときそのときの全力で投げた。(中盤から)切り替えて、ギアを上げた」。8番打者としても7回1死一、二塁で、石川から左中間に高校通算18号3ラン。「来た球を打とうと思った。甘かった」と真ん中高めスライダーを豪快に仕留めた。

 星城といえば、バレーボール部が日本代表・石川祐希を輩出し、2012、13年に2年連続全国3冠に輝いた。野球部は甲子園出場がなく、夏は85年4強が最高。豊田西を率いて1998年センバツ初出場で2勝を挙げた平林宏監督(62)は就任5年目で、「今年の星城はバレーボール部もソフトボール部も珍しく、インターハイに行けない。夏の球技では野球が最後の砦(とりで)」と息巻いた。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントは受け付けていません。