C大阪、和歌山に延長の末勝利 山下達也が決勝弾/天皇杯(サンケイスポーツ)

サッカー天皇杯2回戦が行われ、J1C大阪は関西1部の和歌山を相手に延長戦を含めた120分を戦い、3-1で勝利した。

 C大阪は前半からサイドの裏を取って主導権を握ると38分、MF奧埜のパスにMF高木俊幸(28)が抜けだし、右足で流し込んで先制。1点リードで折り返す。

 ところが後半7分、和歌山が右サイドから送ったクロスのこぼれ球をMF林祥太(24)に押し込まれて同点。その後はC大阪が前半と同様サイドを中心に攻め立てるが、和歌山の中央の守備を崩せず。MF水沼、FW安藤ら攻撃的な選手の交代も実らず、90分で決着をつけることはできなかった。

 延長戦の開始と同時に交代枠を使い切ったC大阪は延長前半8分、裏へ飛び出したFW柿谷がCKを獲得すると、右サイドから上がったボールにDF山下達也(31)が頭で合わせて勝ち越しの一撃。後半終了間際にはFW安藤瑞季(19)にだめ押し弾が生まれ、3-1とした。

 C大阪は8月14日、3回戦でJ2山口と対戦する。

【広告】

令和元年何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。