【広島】巨漢左腕モンティージャ支配下登録 練習生→育成→後半戦即1軍も(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

広島は10日、育成選手のエマイリン・モンティージャ投手(23)と支配下選手契約を締結したと発表した。

 190センチ、115キロの巨漢左腕・モンティージャは、昨秋キャンプで来日し、今季は練習生として再来日。5月に育成契約を結んでいた。ドミニカ共和国のカープアカデミー出身。今季2軍で8試合2勝2敗、防御率1.98の成績をマークしている。5月には「目標の選手は床田」と話していた。

 佐々岡真司投手コーチ(51)は「魅力は真っすぐの速さ。変化球でストライクが取れるようにもなった。守備やけん制などに不安はあるが、外国人枠の刺激になればいい。先発として考えている」と話した。

 球宴期間中の13日にも1軍練習に参加予定。後半戦開始直後の1軍昇格について、同コーチは「可能性はあります」と力説した。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。