【ロッテ】清田、本拠地初満塁弾で復帰マウンドの佐々木を援護「楽に投げさせてあげたいと思っていた」(スポーツ報知)

◆ロッテ―日本ハム(9日・ZOZOマリン)

 ロッテ・清田育宏外野手(33)が6号満塁弾を放った。

 2―0の3回無死満塁のチャンスで中村の直球を左翼席に運んだ。2015年5月23日のオリックス戦(京セラD)以来、自身2度目のグランドスラム。ベテランは「真ん中でした。今日は千隼(佐々木)が今季初登板で、楽に投げさせてあげたいと思っていたので、チャンスでしっかりとランナーを返すことができて良かったです」と笑顔。先発・佐々木を援護できたことを喜んだ。

【広告】



工事費無料で、

商品券最大15,000円もついてくる!

コメントは受け付けていません。