利根商が2回戦進出、4番で2安打の高橋主将「シンプル・ベースボールが合言葉」/群馬(サンケイスポーツ)

全国高校野球選手権群馬大会は9日、群馬県内3球場で行い、上毛新聞敷島球場第2試合(1回戦)は、利根商が嬬恋に4-3で競り勝ち、2回戦進出を決めた。

 1999年に桐生第一で全国優勝に導いてから20年後、福田監督が新たなスタートを勝利で飾った。「やはり、指導は私なりになるので、3年生とかは違和感があると思う。のびのびやらせていきたい」。4番で2安打した高橋主将は、「1球への意識の高さを教わり、シンプル・ベースボールが合言葉です」と笑顔を見せた。

【広告】


コメントは受け付けていません。