【中日】輝星攻略で2度目の同一カード3連勝 2戦連続2ケタ安打(スポーツ報知)

出典元:6回3失点で5勝目を挙げ、R・マルティネス(右)と抱き合って喜ぶロメロ

◆日本生命セ・パ交流戦 中日8―4日本ハム(23日・ナゴヤドーム)

 中日打線が日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)をいとも簡単に攻略し、今季2度目の同一カード3連勝を飾った。

 初回に先発・ロメロが早々と2点を奪われたものの、その裏に、先頭・平田が右翼線への二塁打で出塁した。京田がヒット、大島が四球でつなぐと、ビシエドが右翼フェンスを直撃する同点二塁打を放った。「何とか走者をかえすことができてよかったよ」。助っ人の一打に続き、高橋の特大の右飛も犠牲フライとなり、一気に勝ち越した。

 3回にも高橋の右中間への適時二塁打と阿部の中前タイムリーで2点を追加。高橋は「(一塁から)大島さんがよく走ってくれました」と感謝した。

【広告】



コメントは受け付けていません。