巨人・菅野、自己最短の1回0/3で降板 一回に4失点(サンケイスポーツ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


(セ・パ交流戦、巨人-ソフトバンク、3回戦、23日、東京D)巨人・菅野智之投手(29)がソフトバンク戦に先発。一回にいきなり4点を失うなど苦しい立ち上がりを見せ、プロ入り後自己最短となる1回0/3を投げ4失点で降板した。

 一回、先頭の福田に右中間席への先頭打者弾で先制を許す。続く上林に四球を与えると、内川の三ゴロで1死二塁。デスバイネにも四球を与え、グラシアルには左前に抜けそうな当たりを打たれ、遊撃手・坂本勇がなんとか止めたが、満塁となる。

 続く松田は遊撃へのボテボテのゴロに抑えたかに思われたが…。併殺を狙うために中間守備をとっていた遊撃手・坂本勇がダッシュで前進して捕球し、三塁へトスするも、悪送球となり2点を献上。さらに、一、三塁から甲斐にスクイズを決められ、4点目を失った。

 二回、先頭の投手・和田に四球を与えたところでマウンドを降りた。これまでは、2014年10月2日のヤクルト戦(神宮)の2回が最短だったが、自己最短を更新した。

コメントは受け付けていません。