【巨人】菅野、初回3失点から修正力で7勝 復帰登板で感じたこと胸に2連勝(スポーツ報知)

出典元:5回無死一、二塁、近藤の打球にジャンプする菅野。二塁ゴロ併殺とした(カメラ・池内 雅彦)

◆日本生命セ・パ交流戦 日本ハム3―7巨人(16日・札幌ドーム)

 巨人が交流戦4カード連続を含む5カード連続の3連戦勝ち越しを決めた。菅野は初回に3点を失いながら高い修正能力を見せ、7回3失点でリーグトップに並ぶ7勝目。打線も2回に炭谷の適時打で追いつき、坂本勇が勝ち越し2点打を放つなど打者9人で一挙5点を奪って逆転し援護した。広島が勝ったため首位奪回はならなかったが、交流戦2位に浮上した。

 瞬時に最高の判断を下した。菅野の頭脳プレーが成功した。7―3の5回無死一、二塁。ツーシームで近藤にゴロを打たせた。マウンド横の弾む打球。ジャンプした後、あえて捕球せず二塁手・若林に任せた。時間がかかって併殺を取れないリスク、はじく可能性も回避して併殺完成。流れを相手に渡さなかった。

 「捕ろうか迷いましたけど、一瞬でグラブを引っ込めてゲッツーを取れた。あれは満足しています」

 初回は先頭から4連打を含む5安打3失点。速球3本、スライダー1本、カットボール1本と得意球を痛打された。だが、味方が直後に5得点で逆転。2回以降、初回に“使える”と判断したカーブとフォークを多めに配球して7回まで1安打と立て直した。最速147キロ。本調子に遠くても、フォークを通常の2倍以上の割合で使うなど工夫し、抜群の修正力を発揮した。

 「初回はある程度いろんな球種を使いながら、やられてしまった感じがある。ただ、カーブとフォークは捉えられていなかった。銀さん(炭谷)と話してうまく組み立てられました」

 腰痛から復帰し、25日ぶり登板の前回9日のロッテ戦は6回2失点で白星。後日、菅野は東京Dの大歓声に感謝した上で浮かれず、気を引き締め直していた。

 「ファンの人がお祝いムードというか、受け入れてくれたのはすごくうれしかったです。でも、僕自身はそういう気持ちになっちゃいけないなと思いました。自分の中では、けがをしたあの期間があったから、みたいに美談にしちゃいけない。けがしていいことなんてないし、チームに迷惑をかけているので。そこは、はき違えちゃいけないなと」

 大黒柱の責任感を胸に自分に厳しくする一方で、完璧を求めすぎることはしなかった。復帰後は腰の負担を考慮し、プレートを踏む位置を三塁側から中央にするなど試行錯誤。本来の圧巻投球でなくても、素直に現実を受け止めていた。

 「ある程度、自分の中で納得することも大事なのかなと。前までだったら『こんなんじゃダメだ』と思っていたけど、自分で自分を苦しめるだけなので」

 中6日、前向きに準備してきたから、初回3失点でも粘れた。フォークは状況によって握りを変えながら様々な軌道を操り「新しい引き出しの中にしまっておきたい」と収穫も得た。

 リーグトップタイの7勝目でチームは5カード連続勝ち越し。交流戦も初の4カード連続勝ち越しで2位に浮上した。「立ち上がりは反省。まだ内容も体も完璧ではないですけど、その日その日のベストを尽くそうと思って毎回マウンドに上がるつもりです。交流戦に優勝してリーグも優勝したい」と菅野。絶好調でなくても勝つ。エースの力投で、巨人の勢いが加速した。(片岡 優帆)

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。