【函館SS】函館競馬が開幕! 緩めの馬場で狙い目はペイシャフェリシタ(サンケイスポーツ)

zeroUV

アメリカ・カリフォルニア発祥の

大人気サングラスショップ

出典元:今週末から函館競馬が開幕。例年の高速馬場と違い、今年は「馬場が緩い」という証言が聞かれた

今週末から、6週にわたる函館競馬が開幕。現地で取材に駆け回る特捜班が、開幕直前の馬場状態や、狙い目となる馬を探った。

 今週開幕する函館競馬場には、緑鮮やかなターフが広がっている。ただ、コースで追い切りに騎乗した騎手からは「何でこんなに(芝が)掘れるの? という感じ」や、「少し馬場が緩い気がする」といった声が聞かれた。加えて、週末の函館は土日とも雨予報。2016、17年の連続レコード決着など近年の函館スプリントSは洋芝らしからぬ高速決着が続いていたが、今年は久々にパワータイプの出番がありそうだ。

 ソフトな馬場で浮上しそうなのが、ペイシャフェリシタ。重馬場の神奈川新聞杯(1000万下)を制した実績があり、「すごくパワーのある馬。雨が降って力の要る馬場になるのはいいですね」と中垣助手は歓迎する。昨夏は荒れ馬場(稍重)のキーンランドCで3着だったが「当時は夏2戦した後で厳しい日程だったし、中間に挫跖もあって何とか間に合った」という状況でのもの。「スイッチが入った感じですごくいい状態」の今回は、当時2着のダノンスマッシュを逆転するシーンもありそうだ。

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

 

 只今特典レポート付

  1)「サルでも分かる!血統入門」

  2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

  3)「競馬新聞徹底比較」

  4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントは受け付けていません。