日本、タイにストレート勝ち VNL女子東京大会最終日/バレー(サンケイスポーツ)

バレーボールの国際大会・ネーションズリーグ(VNL)女子東京大会は13日、武蔵野の森総合スポーツプラザで最終日を行い、世界ランク6位の日本は同14位のタイをストレートで下し、7勝5敗とした。タイは4勝8敗。

 第1セット序盤、日本は相手の粘り強いレシーブにミスを連発し、リードを許すが、芥川愛加(28)=JT=のブロック得点や佐藤美弥(29)=日立=のサービスエースなどで流れを奪って逆転。終盤、追い上げられたが、相手ミスもあって25-22で逃げ切った。

 第2セット、いきなりタイに4連続得点を許した日本は、鍋谷友理枝(25)=デンソー=の強打などでじわじわ追い上げ、12-12に。そこから相手の多彩なコンビバレーを止めきれず、18-22まで離されたが、ここで黒後愛(20)=東レ=が大爆発。レフトからの強打で6連続得点して一気に逆転。そのまま25-22で奪い取った。

 第3セットも黒後の強打で連続得点するなどして22-12とリードを広げる。最後は佐藤のサービスエースで、25-14でけりをつけた。

 世界ランク4位のブラジルは、同1位のセルビアをストレートで下して東京大会3連勝。通算を9勝3敗。セルビアは5勝7敗となった。

【広告】

ジメジメと暑い夏がすぐそこまで来ています。

梅雨に入るとそれほど気温が高くなくても湿度が高いため、熱中症になる人が増加します。

特に建設現場などでは熱中症による労働災害等のリスクが増加します。

近年は酷暑が多くなっているようです。

酷暑を迎える前に空調服の導入を御検討ください。

詳しくは⇒空調服通販のつくも

コメントは受け付けていません。