大谷VSマエケンは本塁打、空三振の2打数1安打(スポーツ報知)

出典元:1回に7号ソロを放った大谷(ロイター)

◆エンゼルス―ドジャース(11日、アナハイム・エンゼルスタジアム)

 ドジャース・前田健太投手(31)とエンゼルス・大谷翔平投手(24)が11日(日本時間12日)、エンゼルスタジアムで今季初対決した。初回2死走者なしで1打席目を迎えると、フルカウントから82マイル(約132キロ)のスライダーを右翼席へ運ぶ先取点の7号ソロを放った。

 8日(日本時間9日)には雄星から6号ソロ本塁打を放った大谷。またしても日本人投手から一発を放った。打球角度が21度で打球速度が約174キロという弾丸ライナーでのホームラン。今季、大谷が初めて右翼に運んだ本塁打でもあった。

 2打席目は3ボールから前田がフルカウントまで整えて、最後は低めのチェンジアップで空振り三振を奪った。5回1死で次の打者が大谷というところで前田は降板。5回途中3安打5失点だった。投手が左腕・ファーガソンに代わった大谷の3打席目は、95・3マイル(約153・4キロ)直球に手が出ず、見逃し三振に倒れた。

【広告】

暑い日が続くようになってきて

熱中症のニュースが

聞かれるようになってきました。

梅雨に入るとそれほど気温が高くなくても

湿度が高いため、熱中症になる人が増加します。

特に建設現場などでは熱中症による

労働災害等のリスクが増加します。

近年は酷暑が多くなっているようですので

酷暑を迎える前に空調服の導入を

御検討ください。

空調服は酷暑での作業環境はもちろん

夏の釣りやキャンプの

アウトドアライフなどでも使用されています

詳しくは⇒空調服通販のつくも

コメントは受け付けていません。