“令和の怪物”佐々木朗希が令和初完投初完封 MAX145キロも2安打10奪三振(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:大船渡・佐々木朗希

◇練習試合 大船渡7―0盛岡商(25日・岩手県内)

 MAX163キロの“令和の怪物”、大船渡・佐々木朗希投手(3年)は25日、岩手県内で行われた盛岡商との練習試合に登板。9回を113球で投げ切り、2安打無失点、2四球、10奪三振の快投を見せた。巨人、阪神のスカウトが見守る前で、今年初の完投完封でアピール。100球を超える球数も今年初だった。MAXは巨人のスピードガンで145キロをマークした。

 立ち上がりは失策なども絡んで走者を許し、1~3回は毎回三塁に走者を背負うピッチング。それでも、冷静に後続を断つと4~8回は3者凡退。3回までに50球を要したが、4回以降は7球で終えるイニングを3回つくるなど、球数も抑えて投げ切った。

 巨人・柏田東日本統括は「いろいろ考えながら、チームが勝つために自分を殺してやっている。こういう(消耗の少ない)勝ち方がしたいんでしょうから。変化球がスライダーもカーブもフォークも、いいところに決まっている。追い込まれるとフォークが嫌だから、相手も途中から早打ちになっていた。狙い通りでしょう。コントロールが悪いと、こういうピッチングはできない」と絶賛した。

 佐々木は春季岩手県大会1回戦で敗れた際、「チャンスで1本打てなかった。そこが敗因」と責任を背負ったが、この日は打っても、初回に無死満塁から右犠飛で先制点。3回は快足を飛ばして中前二塁打、5回は中越え三塁打と4番としても仕事を果たした。4打席目には指名打者として代打が送られた。県大会で敗れてから初の練習試合だったが、夏の大会へいい形で再スタートを切った。

【広告】

市場最安級の月額料金3,609円で使えて、

最大32,000円キャッシュバック! 

市場最強にお得なWiMAX2+はこちら




コメントは受け付けていません。