西武・外崎、サイクル惜しすぎ!「憧れ」浅村からの助言で復調(サンケイスポーツ)

出典元:アップルパンチ! 外崎(左)はお立ち台でお決まりのポーズを披露した。右は平井 (撮影・山田俊介)

(パ・リーグ、西武10-5日本ハム、10回戦、5勝5敗、24日、メットライフ)ブ~、ブ~! 八回1死一塁、西武・外崎修汰内野手(26)の第5打席。サイクル安打を阻む吉田侑のストレートの四球に、レオ党から大ブーイングが飛んだ。

 「(1年間で)600打席ある中の1打席が四球だったというぐらい。(打率・240で)サイクルを狙っている場合ではないです」

 大記録は逃したが、そのバットが今季2度目の4連勝を呼び込んだ。一回に先制の適時二塁打。同点の五回1死二塁では、滞空時間約7秒を経た打球が右翼ポールの左側へ。「右方向への打球は好調のバロメーター」という8号2ランは、3番で初の一発となった。六回の適時三塁打を含め3安打4打点。「いいところで回して頂けたので」と仲間に感謝した。

 憧れの先輩譲りの勝負強さだ。6試合目となった「3番・二塁」は、昨季まで浅村の定位置だった。公私で慕う浅村は今季から楽天へ。グラウンド上で野球の話は封印している。だが、4月の不調時にはLINEで「打率が出ないときは右打ちですか?」とアドバイスを求めると、「タイミングを早く取って、トップをしっかり作れ」と返信があり、復調につながった。

 「憧れの人だし、最初は不安だったけど、今は3番だからというのは気にしていないです」。地元の青森・弘前市での凱旋試合を29日に控え、外崎のギアがグッと上がってきた。

【広告】

令和元年

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。