【尾車親方の目】栃ノ心は邪心捨て土俵に上がれ(スポーツ報知)

出典元:明生(左)の強烈な頭突きで顔をゆがめる栃ノ心

◆大相撲夏場所12日目 ○明生(寄り切り)栃ノ心●(23日・両国国技館)

 関脇・栃ノ心は今場所初の連敗を喫して、1場所での大関復帰条件の2ケタ白星目前でまたも足踏みとなった。

 心・技・体とは、心が一番重要という意味でもある。私が先代の佐渡ケ嶽親方(元横綱・琴桜)から教わった言葉を、明生の立ち合いからの圧力に何もできなかった栃ノ心に伝えたい。

 誤算はあった。最後の最後まで腹が決まらなかった。それが最後の仕切りでの長い間合いになった。これは膝の悪い力士にとってはマイナス材料。膝が硬くなり、いつもの鋭い立ち合いができなかった。本来なら“待った”をすべきだが、それさえも忘れてしまった。勝ちたい、大関に早く戻りたいという邪心を、土俵の上に土産として持ってきた結果でもあった。

 13日目は朝乃山との一番が組まれた。心・技・体の心でいうと、2敗に後退して何も失うものがなくなった朝乃山が有利だろう。しかも残り2日の対戦相手を考えると、栃ノ心は絶対に負けられない一番になった。邪心を花道に脱ぎ捨て、真っ白な気持ちで土俵に上がれるかが最大のポイントだ。(スポーツ報知評論家)

【広告】

馬券術

【コンピ・ワン・イズム】

1点で勝とうよ!

投資成功率82.4%の

馬券術【コンピ・ワン・イズム】

コメントは受け付けていません。