DeNA連勝止まる…筒香4三振(サンケイスポーツ)

zeroUV

アメリカ・カリフォルニア発祥の

大人気サングラスショップ

(セ・リーグ、巨人7-4DeNA、10回戦、巨人6勝4敗、23日、東京D)連勝が4で止まったDeNA・ラミレス監督は「序盤に得点できなかったのが痛かった。チャンスは何回も作ったが、そこで長打が出なかった」と嘆いた。四回まで毎回先頭打者を出しながら、2併殺などで無得点。主砲・筒香は3打席連続を含む4三振を喫した。

 もう一つ、“痛い”場面も。先発マスクをかぶった伊藤光が三回が始まる前に、大貫の投球練習の球をワンバウンドで股間に当て悶絶(もんぜつ)。四回にも田中俊のファウルが同じ箇所を直撃し、五回の守備から交代した。

 「2回とも本当に悪いところに当たってしまった。明日はまた先発に戻ることができると思うが…」と指揮官。勝てば5位の中日に並ぶチャンスを逃し、手痛い黒星となった。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。