東北学院、県大会初ベスト4!井上1失点完投…春の4強全て私学は史上初(スポーツ報知)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:力投する東北学院・井上

◆春季高校野球宮城県大会 ▽準々決勝 東北学院6―1古川学園(23日・仙台市民球場)

 準々決勝4試合が行われ、東北学院が古川学園を6―1で勝利し初の4強入り。エース右腕・井上聖南(2年)が9回1失点の快投を見せ、4番・小林玲大主将(3年)の5回、左越え2点二塁打などで主導権を握った。聖和学園も9―3で塩釜を下し初の4強入り。エース左腕・庄司陽斗(3年)が9回3失点13奪三振の熱投。3連覇を狙う東北と昨秋王者の仙台育英も順当にコマを進め、春の県大会では史上初めて4強全てが私学となった。

 投打の柱が仕事を果たし、初の4強入りだ。2年生で唯一スタメンのエース右腕・井上はテンポの良い投球で9回7安打1失点。球威のある直球とスライダー、カットボール、緩いカーブのコンビネーションを駆使して相手打線に的をしぼらせなかった。井上は「少しコントロールはバラついたけど、うまくまとめられた」。余力も感じさせる108球の完投だった。

 4回までは0―0の投手戦だったが、そこから主将のバットが後輩の力投に応えた。5回、犠飛で1点を先制し、なお2死二、三塁。4番の小林玲は「1点で終わるのと3点では全然違う。ここは絶対に打たなきゃいけない」。変化球の制球がやや定まらない相手エースの直球に狙いを決めた。フルスイングではじかれた白球は左翼手の頭を越える2点二塁打。流れをつかみ、続く6回にも3点を加えた。

 主将の高いキャプテンシーがチーム全体に高い集中力をもたらしている。渡辺徹監督は「(小林玲は)常に冷静で自分を見失わない。プレーで引っ張り、試合中も、副主将の朝倉(優大・3年)と共に常に前向きな声をかけ続けている」と頼もしそうに話した。小林玲も「自分はチームの核とならないといけない自負がある」とキッパリ。

 準決勝(25日・石巻市民球場)は3連覇を狙う東北と対戦。井上は「攻めの投球を見せたい」と気合を入れ、小林玲は「気持ちで負けない。チャンスで回ってきたら決めるしかない」。投打の主役の躍動で、チームの歴史をさらに更新していく。(小林 泰斗)

【広告】




『キングカズ』こと三浦知良選手が所属する

Jリーグチーム【横浜FC】

コメントは受け付けていません。