【ソフトバンク】昨年メジャードラフト1巡目指名右腕・スチュワートと合意(スポーツ報知)

ソフトバンクが、米大リーグの昨年のドラフトで1巡目指名(全体8位)を受けたカーター・スチュワート投手(19)と契約合意したと21日、大リーグ公式サイトが伝えた。

 スチュワートは最速156キロの速球を持つ198センチの長身右腕。フロリダ州の高校を卒業した昨年、ブレーブスから1巡目指名を受けたが、身体検査で手首に懸念が出たため契約合意に至らなかった。イースタン・フロリダ州短大に進学し、今年のドラフト候補にも名を連ねていたという。

 三笠球団統括本部長は「現時点でお話することはありません」と明言を避けたが、ツイートの内容については否定せず。その上で「うちには、世界中でいい選手を探している優秀なスカウトがいる。いろいろな世界中にいる選手を探すというのは、前から取り組んでいること」と獲得に前向きとも取れる姿勢を示した。米国の有望株が直接、日本球界に入れば、驚きの補強策となる。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。