阪神のD1位・近本が10戦連続安打 R・マルティネスの9球目をとらえる(サンケイスポーツ)

阪神のドラフト1位・近本光司外野手(大阪ガス)が29日の中日戦(ナゴヤドーム)で、1-0の八回2死から、R・マルティネスのチェンジアップをとらえて中前打。10試合連続安打とすると、直後の糸原の右前打で三塁へ。右翼・平田の送球がそれ、一気に貴重な2点目のホームに飛び込んだ。

 「チェンジアップがとてもよかったので、それがきたら嫌だなと。しっかり真っすぐをファウルして、1球を仕留めるようにという感じ。(走塁は)相手のポジションを見ていけると。点が入ったのはよかったです」

 粘って、粘って、9球目をとらえ、まさに近本の執念でもぎとった1点。矢野監督も「大きかったなあ! 持ち味を出してくれている。価値はすごくある」と大絶賛だった。

【広告】

マルチドメイン対応、

【シックスコア】



コメントは受け付けていません。