小林愛三、イリアーナにリベンジ成功!3―0判定で快勝(スポーツ報知)

出典元:インローを蹴る小林愛三(右)

◆KNOCK OUT 2019 SPRING「THE FUTURE IS IN THE RING」 ▽第4試合(50kg契約) ○小林愛三(3―0)イリアーナ・ヴァレンティーノ●(29日・ベルサール高田馬場)

【写真】黒ビキニで計量をパスした小林愛三

 初代ムエタイオープン女子フライ級王者の小林愛三(まなぞう、23)=NEXTLEVEL渋谷ジム=が、WBCムエタイ欧州女子フライ級王者のイリアーナ・ヴァレンティーノ(31)=イタリア=を判定3―0で破り、リベンジを果たした。

 前日計量の時の宣言通り、1回から前に前に出る小林。強烈なインロー(内もも)で相手の足を赤く腫れ上がらせるなど、終始イリアーナにロープを背負わせる戦いを続け、判定勝ちを収めた。

 ◆小林 愛三(こばやし まなぞう) 1996年2月18日、東京都生まれ。本名は小林愛実。師匠の牧裕三から1字とって愛三のリングネームに。2015年2月にBOMのリングでプロデビュー。プロ2戦目で、あまりの強さからネットで話題となっていた83戦71勝の戦績を持つ天才ムエタイ少女ペットジージャと対戦し判定勝ち。16年12月ポーゲオ・ソーポーロー・ウドンを1回KOで下してMuayThaiOpenフライ級タイトルを獲得した。18年7月に13戦無敗で挑んだ、シュートボクシングのGirls S-cup48kg世界トーナメント一回戦でイリアーナ・ヴァレンティーノに判定負けを喫し初敗北した。

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。