アザール弟「ドルトムントと合意した」。一方「クラブ同士は話し合いをしている」(フットボールチャンネル)

出典元:ボルシア・メンヒェングラッドバッハのトルガン・アザール【写真:Getty Images】

ボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ボルシアMG)に所属するベルギー代表のMFトルガン・アザールがボルシア・ドルトムントと個人合意に達した事を明かした。

【写真特集】世界最高の選手は誰だ! プレイヤー能力値ランキング(10位~1位)

 ベルギーメディア『VTM Nieuws』の取材でアザールは「ドルトムントとは個人的に合意に達している」と答えた。一方で「まだ時間は必要だ。クラブ同士が話し合いをしている」とクラブ間での合意には至っていない事を明かしている。

 なお移籍金に関してドルトムントはアザールがボルシアMGとの契約期間が残り1年という事を考慮し2500万ユーロ(約31億2500万円)で獲得したい模様だ。一方、ボルシアMG側は今季これまで32試合で12得点11アシストを記録しているアザールに対し4000万ユーロ(約50億円)を要求しているようだ。

 なお26歳にはリバプールやアトレティコ・マドリーといったクラブも興味を持っていると伝えられてきていたが、本人は「ドルトムントとのみ話し合いをしている」と語っており来季からドルトムントでのプレーが濃厚となっているようだ。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。



コメントは受け付けていません。