【鹿島】採点&寸評 安西弾で先制も守り切り策失敗で痛恨逆転負け…シュートわずか5本(スポーツ報知)

出典元:鹿島の先発布陣

◆明治安田生命J1リーグ▽第9節 横浜M2―1鹿島(28日・日産スタジアム)

 鹿島は前半11分に日本代表DF安西幸輝の今季2ゴール目で幸先良く先制したが、後半の2失点で無念の逆転負け。大岩剛監督が「守備に意識が向いてしまった」と振り返ったように、先制直後から重心が下がり守備一辺倒の戦いに。シュートはわずか5本に終わり、交代策も機能しなかった。横浜Mのポステコグルー監督が「鹿島が自陣に引いたために前にスペースができ、ボールを保持しながらリスクをかけて攻撃にいくことができた」と振り返ったように、守備を固めて1点を守り抜く戦術は相手の思うツボだった。

 採点と寸評は以下の通り。

大岩剛監督【4・5】守備に手を加えず、相手を自陣に戻す速攻要員の投入もせずのドン引きスタイルが90分継続するはずがない

GK権純泰【5・5】決勝点シーンは見事にタイミングを外され一歩も動けず

DF永木亮太【5・0】2失点目は1人ポツンでオフサイド取れず。スローインにも手を焼く。先発右SB起用は厳しいか

DF犬飼智也【6・0】対人では相手を圧倒し、体の入れ方も著しく上達。最後の決定機は直前でGKに触られヒットできず

DF町田浩樹【6・0】我慢の展開でしっかり我慢。速さ自慢の3トップに的確ポジショニングで対応

DF安西幸輝【6・0】白崎との見事な連携で先制点。労を惜しまずアップダウン繰り返すも報われず

MF三竿健斗【6・5】中盤で孤軍奮闘。右に左に飛び出してくる相手MFに対し右に左に迎え撃つ

MFレオシルバ【5・5】得意の狩りで先制点の起点になるも、シュートチャンスへの起点はこの時のみ

MF安部裕葵【4・5】サポートこそなかったがパスミスで失点関与。交代時は走るべき。チームだけでなくサポーターの士気にも関わる

MF白崎凌兵【5・5】安西弾をアシストも守備タスク多く、守から攻のタイミングで持ち場に不在。足がつり後半37分OUT

FW土居聖真【4・5】前から追わない戦術だからこそ、中盤で守備をするか速攻で威力を発揮するかどちらかをせねば

FW伊藤翔【5・0】古巣戦でシュートゼロ。セルフジャッジでパスコースの1つを自ら消しにいった場面は論外

MFレアンドロ【6・0】後半29分IN。キレある突破といなしで存在感も得点にはつながらず

FWセルジーニョ【―】後半35分IN。出場時間短く採点なし

MF金森健志【―】後半37分IN。出場時間短く採点なし

福島孝一郎主審【6・0】永木ハンドは至近距離かつ手の延長線に体がありノーPKが妥当。仲川PK疑惑も足は触れたが掛かったとは言えず妥当。町田ハンド疑惑はリプレーカメラが追いついておらず判断不可で採点対象外。CK蹴らせず試合終了はAT5分、乱闘中断58秒、笛がAT6分16秒で妥当

※平均は5・5~6・0点

【広告】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。