PFU三橋聡恵、最後の大会も「自分らしく」明るさ全開…5月1日開幕黒鷲旗(スポーツ報知)

出典元:全日本選抜大会を最後に引退するPFUの三橋聡恵

バレーボールの黒鷲旗全日本男女選抜大会は5月1日に丸善インテックアリーナ大阪で開幕する。かつて主将も務めたPFUブルーキャッツのアウトサイドヒッター・三橋聡恵(29)は、今大会を最後に引退。最後の舞台でも明るさ全開で自らの流儀を貫くと誓った。

 バレー人生の区切りを迎えるが、三橋は「最後という気持ちをあまり持たずに、自分らしくいきたい」と涙の引退にするつもりはない。盛り上げ役として仲間を引っ張ってきた思いがある。それだけに「ムードメーカー的なポジションで爪痕を残せたら」と笑わせた。

 2季ぶりにトップカテゴリーでの戦いとなった今季は、レギュラーラウンドで20戦全敗。入れ替え戦で何とかV1リーグ残留を決めた。三橋も一昨年に負傷した股関節の古傷の影響もあり、苦しいシーズンだった。

 悔しさもあるが「負けた試合の方が次につながる課題も見つかりやすいと思う。まずは黒鷲旗で(成果を)出して、それを継続してほしい」と後輩へ思いを託した。目標は2016年の最高成績に並ぶ4強。「いい試合ができて楽しかったので、そこに行けるように。でも足を引っ張らないようにしたい」とちゃめっ気たっぷりに笑った。(三須 慶太)

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。