アマ初Wメジャー切符の18歳・安田祐香ってどんなゴルファー?(スポーツ報知)

◆女子ゴルフ アジア太平洋 女子アマ選手権最終日(28日、茨城・ザ・ロイヤルGC)

 首位から出た安田祐香(18)=大手前大1年=が7バーディー、ボギーなしの65をマーク。通算11アンダーで2位に8打差をつけ圧勝した。日本人アマとして史上初となるエビアン選手権(7月・フランス・エビアンリゾートGC)とAIG全英女子オープン(8月・ウォバーンGC)のメジャー2大会の出場権を獲得。来年のオーガスタナショナル女子アマ出場権も得たが、11月に日本のプロテスト受験を明言し、合格すれば辞退となる。

 ◆安田祐香(やすだ ゆうか)

 ▽生まれ 2000年12月24日、兵庫・神戸市

 ▽ゴルフ歴 有村智恵らを輩出した坂田塾に小3で入り、小5で70をマーク。17年日本女子アマで優勝しアマ日本代表入り。プロツアーでは兵庫・滝川二高時代の17~18年にアマ最長タイの10戦連続予選通過。ツアー最高成績は18年の大東建託・いい部屋ネットレディスの3位。今月上旬にオーガスタナショナルGCで初開催されたオーガスタナショナル女子アマで3位

 ▽憧れの選手 米ツアー通算6勝(うちメジャー2勝)の柳簫然(韓国)。昨年の日本女子オープン初日に同組で回った

 ▽特技 スキー。父・光祐さんいわく「ゴルファーの割には『え、そんなにできるの?』というぐらい上手」

 ▽家族 両親と、大手前大4年生の姉

 ▽サイズ 163センチ、54キロ

【広告】

【ファイテン公式】




コメントは受け付けていません。