上野由岐子、顔面骨折全治不明 ライナー左あごに受け入院中(スポーツ報知)

出典元:上野由岐子

ソフトボール女子日本代表のエース、上野由岐子(36)=ビックカメラ高崎=が、27日の日本リーグ女子の試合で左あごに打球を受けて骨折していたことが分かった。所属チームの岩渕有美監督(39)が28日、群馬県太田市内で記者会見し、入院中で全治不明と明らかにした。5月1日にインドネシアのジャカルタで開幕するアジア杯は欠場する。

【写真】女子ソフト日本代表の「美人アスリート」と紹介された“美白”外野手

 上野は2008年北京五輪で金メダル獲得に大きく貢献し、その後もソフトボール界をけん引。3大会ぶりにソフトボールが五輪に復帰する20年東京五輪でも日本代表の大黒柱として期待されている。五輪前年に実戦から離れることになり、今後の調整に影響を与えそうだ。

 岩渕監督によると、ピッチャーライナーが顔面に当たったという。「試合中に起きたことなので、防ぎようがないというのか、なんとも言えない気持ちだ」。上野からは28日の試合前に「チームが勝つためにパワーを送っておきました」とのメールが届いたという。

【広告】

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。