オリ・宮内オーナー、近藤&山崎福に呆れ“帰った”「それをつぶすのが得意なんだ」(サンケイスポーツ)

(パ・リーグ、オリックス2-4西武、5回戦、西武4勝1敗、28日、京セラ)大型連休を利用して来阪し、観戦した総帥もあきれるしかなかった。ストライクが入らない救援陣。オリックスは今季初先発のプロ2年目、K-鈴木が7回ゼロ封も、近藤、山崎福が2人で計6与四球。3度の押し出し四球で、プロ初星を消した。まさかの逆転負け。九回途中で球場を後にした宮内オーナーの言葉にも、怒りがにじみ出ていた。

 「(K-)鈴木はいいね。いい投手。素晴らしい」と快投をたたえる一方で、「それ(プロ初勝利の権利)をつぶすのが得意なんだ、うちは。何試合つぶしたか。いろんな逆転劇を見てきたけど、きょうみたいなのはめったにない。ひどいよ」

 2-0の八回から登板した近藤は代打・岡田、金子侑に連続四球。1死後、秋山にも四球で満塁のピンチを招くと、山川に押し出し四球。3番手、山崎福にスイッチしたが、森にストレートの四球で押し出し。同点とされ、2死後、栗山に右前へ勝ち越し打、続く中村にも押し出し四球を与えた。

 宮内オーナーは「勝負できないような投手を出す方が悪い。ブルペンは何を見とるんだ」と疑問を投げかけ、西村監督も「勝負できない投手は1軍では使えない。あしたからファームに行かせます」と2軍降格を明言。2人は試合中に退去を命じられた模様で、敗戦後は姿がなかった。

 今季は「沢田、岩本、増井」でスタートした勝利の方程式も、岩本の不振で「吉田一、沢田、増井」に変更。だが、前日27日の試合で吉田一が3試合連続失点、沢田も2試合連続失点と調子を落とし、この日から近藤、山崎福が勝ちパターンに加わった。だが、これも1日で解体。総帥も「代えれば代えるほど悪くなっている。そんなおかしなバカな話があるか」と首をかしげた。

 借金は今季ワーストの「6」。いまは将の「この負けを引きずらず、みんなで必死にやっていきたい」という前向きな言葉を信じたい。

【広告】

マルチドメイン対応、

【シックスコア】



コメントは受け付けていません。