【香港・クイーンエリザベス2世C】リスグラシューは3着 矢作調教師「勝てると思っていただけに非常に残念」(スポーツ報知)

出典元:リスグラシュー

◆第45回クイーンエリザベス2世カップ・G1(4月28日、シャティン競馬場・芝2000メートル、良)

 JRAの海外馬券発売対象の中距離G1は、日本調教馬3頭を含む13頭によって争われた。

 松岡正海騎手が騎乗した日本のウインブライト(牡5歳、美浦・畠山吉宏厩舎)が中団のイン追走から、直線での叩き合いから抜け出し、初めての海外遠征でG1初制覇を果たした。勝ち時計はコースレコードの1分58秒81。

 2着には地元・香港のエグザルタント(ザカリー・パートン騎手)、3着には日本のリスグラシュー(オイシン・マーフィー騎手)が続いた。日本のディアドラ(武豊騎手)は6着に終わった。

 矢作調教師(リスグラシュー=3着)「非常に残念。これだけうまく仕上げられることはないと思うくらい、何の心配もなくできたので、勝てると思っていました。(マーフィー騎手はレース後)『ちょとペースが速かった』とは話していたが、4コーナーでは手応えがあったので、本人も勝てると思っていたようです。リスグラシューは勝てなかったが、ウインブライトが結果を出してくれて、チームジャパンとしてやってきていたので良かった。素直に勝ち馬をほめてあげたいと思います。リスグラシューに関しては、次で頑張りたいと思います」

【広告】

マルチドメイン対応、

【シックスコア】



コメントは受け付けていません。