桐生祥秀の陸上部後輩の美人プロ松田鈴英が好プレー 令和の主役を目指す(スポーツ報知)

zeroUV

アメリカ・カリフォルニア発祥の

大人気サングラスショップ

出典元:18番グリーンでラインを読む松田鈴英。通算4アンダー11位で大会を終えた

◆女子プロゴルフツアー フジサンケイレディス 最終日(28日、静岡・川奈ホテルGC富士C=6376ヤード、パー71)

【写真】「恥ずかしかったけど…」水着姿を披露したアン・シネ

 首位と7打差の19位からスタートした美人プロ松田鈴英(れい、21)=ニトリ=が6バーディー、2ボギーの67で回り、通算4アンダーとして11位に浮上した。

 平成最後の試合ラウンドで好プレーを見せた松田は、来週のパナソニックオープンから令和を迎える新時代に向けて「令和は松田鈴英の時代にしたい」と意欲的に話した。滋賀・彦根南中時代は陸上部に所属し、100メートル日本記録(9秒98)保持者の桐生祥秀(23)=日本生命=の2年後輩。日本オリンピック委員会(JOC)の五輪強化指定選手に選ばれている松田はツアー初勝利を挙げ、さらには先輩の桐生と同じく東京五輪という高い頂きを目指す。

 松田と同組で回った韓国の申ジエ(31)=スリーボンド=が、パー71としてはツアー新記録&大会コース新記録の63で回り、通算8アンダーとして、ツアー歴代3位タイとなる7打差の大逆転優勝。今季2勝目、ツアー通算23勝目を挙げた。首位から出た吉本ひかる(20)=マイナビ=はスコアを1つ落とし、2週連続で2位惜敗。鈴木愛(24)=セールスフォース=、渋野日向子(20)=RSK山陽放送=も2位。

 ツアー屈指の実力者、申ジエを松田は必死に追いかけた。ともに19位から同組でスタートすると、お互い14番まで5つスコアを伸ばし、首位に1打差に肉薄した。しかし、ここから両者に大きな差が出た。申ジエの勢いは最後まで衰えず、後半9ホールは圧巻の29。通算8アンダーまで伸ばし、自身出場2試合連続優勝をもぎ取った。

 一方の松田は15番以降、勢いが止まり、通算4アンダー。11位にとどまった。申ジエに力の差を見せつけられたが、同組のプレーは貴重な経験となった。「ジエさんは(ショットが)ベタベタとピンについているわけではないのに、どこからでもバーディーを取るし、どこからでもパーを拾う。本当にすごかった。勉強になりました」と松田は笑みを浮かべながら脱帽した。

 今大会は平成最後の女子プロトーナメント。「ジエさんがすごすぎた。自分としてもいいゴルフができた」と納得の表情で平成最後の試合ラウンドを振り返った。

 4月1日、新元号の発表では驚いたという。「『れい』と聞こえたのでビックリした。落ち着いて聞いたら『わ』がついていた」と笑う。来週のパナソニックオープンから令和の時代を迎える。「名前が『れい』なので令和に親近感があります。令和は松田鈴英の時代にしたいですね」。念願の初優勝を成し遂げて、さらに勝利を積み重ねるつもりだ。

 さらに、もうひとつ、大きな目標がある。

 畑岡奈紗(20)=森ビル=ら7人とともに日本オリンピック委員会(JOC)の五輪強化指定選手に選ばれている。2020年東京五輪で日本代表に選ばれるチャンスは十分にある。

 10歳からゴルフを始めた松田は滋賀・彦根南中に入学すると、陸上部に入部。そこで世界を目指す“怪物”と出会った。のちに日本人として初めて100メートルで10秒の壁を破ることになる桐生祥秀だ。松田は3年時にゴルフの練習環境が整った福井工大福井中に転向したが、2年先輩の桐生とは1年間、彦根南中学校の陸上部で同じ時間を過ごした。

 松田は中学時代を振り返りながら、将来への思いを明かす。

 「ゴルフの練習で中学校の部活には出られないことが多かったので、桐生さんと話したことはほとんどないですけど、当時から、ものすごく速かったことはよく覚えています。お互いアスリートとして頑張っていければうれしいです」

 令和2年に迎えるビッグイベントで活躍すれば、日本女子ゴルフ界の主役になることは間違いない。「令和は松田鈴英がいきますよ。ウフフ」と笑顔で話す。

 いよいよ、次週大会から年号は令和に変わる。松田鈴英は先輩のジェット桐生のように猛スピードで令和の時代を駆け抜けるつもりだ。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。