法大が慶大に雪辱 初勝利の法大・鈴木「きょうは常総デー」/東京六大学(サンケイスポーツ)

出典元:法大・鈴木昭汰投手は、慶大2回戦でリーグ戦初先発した(撮影・赤堀宏幸)神宮球場

東京六大学野球第3週第2日は28日、東京・神宮球場で2回戦を行い、第2試合は、法大が慶大に5-4で競り勝ち、1勝1敗とした。リーグ戦初先発の左腕・鈴木昭汰投手(3年)は初勝利。

 法大は一回に5番・相馬優人内野手(4年)の右越え先制二塁打と6番・安本竜二内野手(4年)の左越え3ランで4点を奪い、四回には1番・宇草孔基外野手(4年)の左中間へのソロで1点を追加し、鈴木-右腕・朝山広憲投手(4年)-三浦銀二投手(2年)の継投で4失点で抑え切った。

 2試合連続本塁打の安本は「ただ、来た球に反応しただけ。(鈴木)昭汰が初先発で、何とかしてやりたかった」と胸張った。

 鈴木は「前の試合(明大-早大)で、常総学院(茨城)の先輩の和田さん(明大)が2ラン、3ランで、(同じ常総学院出身の法大の)宇草さんも本塁打を打ってくれて、自分が初勝利。きょうは常総デーだと思った」と喜んだ。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。