阪神近本が強攻策で勝ち越しを演出「大事な場面で打てたのでよかった」(サンケイスポーツ)

出典元:【プロ野球中日対阪神】7回、安打を放つ阪神・近本光司=ナゴヤドーム(撮影・門井聡)

阪神のD1位・近本光司外野手(大阪ガス)が28日の中日戦(ナゴヤドーム)で同点の七回無死一塁、好機を拡大する左前打を放ち、糸井の勝ち越し2点二塁打をお膳立てした。

 「打てているので(内容的に)いいと思います大事な場面で打てたのでよかったです」

 犠打のサインが出てもおかしくない場面だったが、矢野監督は強攻策を指示。「総合的に判断して、それ(ヒッティング)がイヤなんじゃないかなって。相手にとっても。こっちからもそういうふうな形が、得点(の可能性が)広がるんじゃないかなというところで」と説明。期待通りの安打で、将の積極策に応えた。五回先頭でも中前打で9試合連続安打。打率は・312にまで上昇した。

コメントは受け付けていません。