武豊、的場文男ら4人「農林水産大臣賞」受賞(サンケイスポーツ)

出典元:騎手として初めて農水大臣賞を受けた武騎手(左)と的場騎手(右)は吉川農水相を挟んで記念撮影 (撮影・福島範和)

競馬に関して特に顕著な功績を挙げたとして、武豊騎手(50)=栗・フリー、的場文男騎手(62)=大井・騎手会所属=らが26日、農林水産大臣賞を受賞した。馬主以外に同賞が与えられるのは史上初。他に受賞したのは木村貢・日高軽種馬農協代表理事組合長(68)、JRA前理事長で現在は同特別顧問の土川健之氏(74)。4人は東京・千代田区の農林水産省で、吉川貴盛農水相から表彰状を授与された。

 武豊騎手は「栄誉ある賞をいただいて、大変光栄でうれしく思います。騎手として(の活躍を)認めていただいたということで、また今後の騎手へも表彰が続いていけばいいと思います」と喜びのコメント。28日には香港国際競走を控え、「(クイーンエリザベスIICの)ディアドラは具合がいいので楽しみ」と意気込みを口にした。的場文騎手は「長年頑張ってきてよかった。ごほうびですね」と語り、笑顔を振りまいていた。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

超簡単取り付け一体型HIDキット新発売

コメントは受け付けていません。