オリ・田口C、仰木元監督に白星捧げる!生誕日に全員が背番号「72」ユニホーム着用(サンケイスポーツ)

オリックスは26日、大阪市此花区のオセアンバファローズスタジアム舞洲で指名練習を行い、田口壮野手総合兼打撃コーチ(49)が、27日からの西武3連戦(京セラ)の必勝を誓った。

 西武3連戦では「ありがとう平成シリーズ」と題し、平成を振り返るイベントを予定。最終日の29日は仰木彬元監督(享年70)の生誕日にあたり、全員が1995、96年のパ・リーグ連覇、そして日本一に輝いた当時のデザインの背番号「72」のユニホームを着用する。

 「いい試合をしないとダメだよね。歴史を知ることで、自分たちの野球の幅を広げることができる。伝統を大事にすることは大切。いい企画。チームを見つめ直す、いいキッカケになると思う」

 当時V戦士だった田口コーチも、時を経て同じ指導者の道に。「なんとなく(仰木氏を)追っかけているような気がする。自由にやらせてあげたい、とか」と恩師と重ね合わせた。

 当日の先発が見込まれるアルバースも「記念の日だからより多くのファンの人が駆けつけてくれると思う。喜ばれる投球がしたい」と意気込んだ。過去を知り、思いを背負い、前に。仰木氏の魂を受け継ぎ、勝利を目指す。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。