高橋尚子さん、涙で小出さんに感謝「上から『ガハハハ』と笑っていてください」/陸上(サンケイスポーツ)

出典元:亡くなった小出義雄氏について、記者の質問に答える高橋尚子さん=長良川競技場(撮影・甘利慈)

2000年シドニー五輪女子マラソン金メダルの高橋尚子さん(46)が26日、岐阜市内で取材に応じ、24日に死去した恩師、小出義雄さん(享年80)への思いを語った。

 「本当に弱い、雑草のような私を導いてくださって、一歩一歩、前の草を切り分けてくださって道をつくってくださって、求めるところまで連れていってくださった方。私の人生で、小出監督なしに今の私はないと思います」

 高橋さんが今月、見舞いに訪れた際、小出さんは「Qちゃん、俺、あと1、2年頑張るよ」「誕生日(4月15日)まで頑張るよ」などと、笑顔を振りまいていたという。しかし、18日は「俺はもうだめだ」「50歳になっても輝いていろよ」と声を掛けられ、それが最後のやりとりとなった。

 会見では時折、涙も浮かべたが、「『笑って送ってくれよ』といわれていたので、監督に教えてもらったことをしっかりと忘れずに、これからも多くの人たちと走る楽しさ、監督から教わったことをしっかりと伝えながら頑張っていきます。あとは安心して、ゆっくりと大好きなかけっこと、たくさんのお酒を飲んで上から『ガハハハ』と笑っていてください」と感謝していた。

【広告】

【ファイテン公式】




コメントは受け付けていません。