武藤敬司、ノンフィクション「さよならムーンサルトプレス」(イースト・プレス刊)5・10発売…スポーツ報知の連載書籍化「誰も知らない武藤敬司がいた」(スポーツ報知)

zeroUV

アメリカ・カリフォルニア発祥の

大人気サングラスショップ

出典元:「さよならムーンサルトプレス」の表紙

今年でデビュー35年を迎えるプロレスラー武藤敬司(56)のノンフィクション「さよならムーンサルトプレス」(福留 崇広著。税込み1944円)がイースト・プレスから5月10日に全国の書店で発売されることが決まった。

【写真】MSGで復活したグレート・ムタ

 同書は、両膝の人工関節設置手術のため昨年3月14日に最後のムーンサルトプレスを舞った直後の4月にスポーツ報知のホームページで34回に渡り連載した「さよならムーンサルトプレス」を書籍化したもので、執筆したメディア局コンテンツ編集部の福留崇広記者がさらに武藤自身へ合計15時間あまりに及ぶインタビューを敢行。同時に武藤のプロレス人生に深く関わった関係者およそ30人を取材し、昭和末期から平成のプロレスで必殺技「ムーンサルトプレス」を武器にトップを走った「誰も知らなかった」武藤敬司の「真実」を浮き彫りにしている。

 昭和末期のスペース・ローンウルフ時代、平成元年に生まれたグレート・ムタ、そしてスーパーベビーフェイスでの凱旋、UWFインターナショナルとの対抗戦、nWo、全日本移籍…武藤敬司の時代だったと言える平成プロレス。取材した関係者は、デビューから90年代の黄金時代を知る新日本プロレスの坂口征二相談役、闘魂三銃士の蝶野正洋、UWFで武藤と戦った前田日明氏、若手時代を知る藤原喜明、船木誠勝、小杉俊二氏、日本でのグレート・ムタを覚醒させた衆院議員の馳浩氏、空前の日米でnWoブームを巻き起こしたエリック・ビショフ氏、新日本から全日本へ共に移籍したケンドー・カシン、社長を務めた全日本時代を知る和田京平名誉レフェリーらいずれもプロレス界を支えてきた第一人者ばかり。ムーンサルトプレスの誕生と命名秘話から人工関節設置手術で分かった両膝の残酷な現実に至るまで、それぞれが持つ「武藤敬司観」だけでなくプロレスへの思いを熱く語り、平成のプロレス史を検証する意味でも貴重な証言が溢れ出ている。

 化身のムタは4月6日にニューヨークで降臨したが昨年3月30日に人工関節設置手術で長期欠場中の武藤は、6月26日に後楽園ホールで開催される長州力引退興行「POWER HALL2019~New Journey Begins」で復帰する。試合は藤波辰爾、真壁刀義と組んで、長州、越中詩郎、石井智宏と対戦する。本書では新たな「令和」時代のプロレスを武藤が占っており、復帰へ向けて興味をそそる一冊でもある。

【広告】



工事費無料で、

商品券最大15,000円もついてくる!

コメントは受け付けていません。