小倉智昭氏、進退をかけた再戦に挑む村田諒太へ独占インタビュー「話を聞くと必ず得るものがある」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:世界戦会見に出席した村田諒太とチャンピオン・ロブ・ブラント (カメラ・小泉 洋樹)

26日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で小倉智昭キャスターがプロボクシング前WBA世界ミドル級王者の村田諒太(33)=帝拳=をインタビューした。

 村田は25日、都内のホテルで会見し、7月12日にエディオンアリーナ大阪で同級王者ロブ・ブラント(28)=米国=とタイトルマッチ(報知新聞社後援)を行うと発表した。来日したブラントの横で「これが僕にとって最後の試合になるのか、もっと村田を見たいと言ってもらえるのか、ジャッジメントされる」と強調。王座返り咲きとともに進退をかけたリマッチに挑む。

 会見後に小倉氏は村田を独占インタビュー。村田は「負けたら次はないと思ってますし、その時はもう最後だと思います」と進退をかけることを明かした。7歳になる長男の晴道君から「もう1回負けたら辞めてもいいから。ちゃんと続けて」と前回の敗戦後に言われたことを告白し、息子が自宅で村田の負担を減らすために動いている秘話を明かした上で「パパの負担を減らしてくれようとする息子を見ていると、絶対に勝たなきゃいかんなと思いますし、自分の父親が負ける姿なんか見たくないと思いますし」と話していた。

 インタビューのVTRをスタジオで受けた小倉氏は「村田選手の話を聞くと必ず得るものがあって、彼は本をよく読んでいて、本を引用して哲学的なことを言ってくれたりするんです」と絶賛していた。

【広告】

高品質なルイボスティーは

しっかり煮出して美味しく飲めます。

エルバランシアのルイボスティーは最高品質!

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。