花咲徳栄が26得点大勝発進、韮沢は2安打5打点/春季埼玉(サンケイスポーツ)

【広告】   ハッピーソックス

 

ハッピーソックスであなたも皆もハッピーに!

ハッピーソックスの商品は全てが送料無料です!

  商品は1点からでも購入可能

出典元:一回に右越え先制ソロを放った花咲徳栄・韮沢雄也内野手=県営大宮公園(撮影・赤堀宏幸)

春季高校野球埼玉県大会第2日は22日、埼玉・県営大宮公園球場などで1回戦が行われ、県営大宮の第1試合は、花咲徳栄が伊奈学園総合を26-0、五回コールドで下した。

 花咲徳栄は、U-18日本代表候補合宿に参加したプロ注目の3番・韮沢雄也内野手(3年)が一回に右越えの先制ソロを放つなど2安打5打点と牽引(けんいん)し、4番・井上朋也内野手(2年)も左越え3ランを含む2安打5打点と活躍した。

 花咲徳栄・岩井隆監督は、「(打線が)打てるようになってきていると思っていたが、こんなに打てるかなという感じ。タイミングが合っていたんでしょう」と大量得点を振り返った。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。