DeNA・ラミレス監督、今季も戦略の一つ「8番・投手」実践(サンケイスポーツ)

(オープン戦、西武1-6DeNA、24日、メットライフ)ラミレス監督は「80%は開幕のオーダー」という打順で臨み、8番に投手の井納を起用した。昨季まで指揮官が好んだ戦術で、オフには「9番・投手」のプランを明かしていたが、今季も戦略の一つとして視野に入れているようだ。ただし、「8番の投手が(走者を)送り、9番にチャンスで強い打者を置かないと、このスタイルは通用しない」と決めかねていた。

【広告】

スマホ料金、安くするならLIBMO
詳しくはこちら

↓  ↓  ↓


コメントは受け付けていません。