オリックス・山本、今季最長6回2/3を無失点 スタミナ面も問題なし(サンケイスポーツ)

今季先発に再転向したオリックス・山本由伸投手(20)が20日、中日戦(ナゴヤドーム)に先発。今季最長となる6回2/3を投げ、4安打1与四球4奪三振無失点だった。

 最速152キロを計測した直球やキレのある変化球、118キロのカーブと緩急差も使って、中日打線を翻弄。2-0の四回には2死満塁のピンチを迎えるが、井領を152キロの直球で遊邪飛に打ち取った。七回に2死を奪ったところで球数は79球。予定されていた80球に近くなったところで、降板した。

 高卒3年目の山本は今年、昨季のセットアッパーのポジションから先発に再転向。五回以降のスタミナが課題とされていたが、球数70球を越えても152キロをマークするなど、問題なしをアピール。開幕後は4月3日のソフトバンク戦(京セラ)で先発する見込みだ。

【広告】

スノーボードウエアの激安・通販

OC STYLE

モデルが作った激カワスノボウェアで

ゲレンデ注目の的



コメントは受け付けていません。