【新馬戦の結果】キャノンバローズ、息の長い末脚でV 松山「力で押し切ってくれた」(サンケイスポーツ)

出典元:息の長い末脚を発揮して勝ち上がったキャノンバローズ

阪神3R新馬ダ1800メートル、3番人気のキャノンバローズ(栗・斉藤崇、牡、父エンパイアメーカー、母ベラルーナ)が後方からまくり気味に進出し、息の長い末脚を発揮して勝ち上がった。鞍上の松山騎手は「気の悪さがあってゲートを跳ぶように出ました。それだけに動けるときに早めに動かしていきましたが、内から馬が来たらまた伸びて、力で押し切ってくれました」と笑みを浮かべた。

コメントは受け付けていません。