レスター、前半開始早々に退場者出すも劇的弾で勝ち越し。岡崎慎司は出番なし(フットボールチャンネル)

出典元:レスター【写真:Getty Images】

【バーンリー 1-2 レスター・シティー プレミアリーグ第31節】

 イングランド・プレミアリーグ第31節が現地時間の16日に行われ、FW岡崎慎司が所属する10位レスター・シティーがアウェイで17位バーンリーと対戦し、2-1で勝利を収めた。

 岡崎はベンチ入りしたものの、怪我人と退場者を出したチームで出場することはできなかった。

 レスターにいきなり不運が襲う。4分、カウンターから、裏を取られたDFハリー・マグワイアがMFヨーハン・ベルク・グズムンドソンを後ろから倒してしまい、ファールの判定が下る。このプレーでマグワイアは一発退場となった。これにより、MFデマレイ・グレイはMFウェズ・モーガンと交代を命じられた。

 だが、先制したのはレスターだった。33分、ペナルティエリア手前の左寄りの位置からのFKをMFジェームズ・マディソンが蹴ると、ゴール左に突き刺した。これで一人少ないレスターが先制となった。

 38分、左からDFチャーリー・テイラーがマイナスのクロスを送ると、MFドワイト・マクニールがダイレクトで合わせ、ゴールに突き刺した。前半のうちにバーンリーが同点に追いついた。

 後半に入ると、先制ゴールを決めたマディソンが足を痛め、64分にDFクリスティアン・フクスと交代を余儀なくされた。マグワイアの退場に加え、マディソンの怪我というアクシデントに襲われた。

 だが、そのレスターに終盤チャンスが訪れる。90分、右サイドのMFユーリ・ティーレマンスのクロスに中央でMFウェズ・モーガンが頭で合わせ、ゴールに突き刺した。一人少ないレスターが勝ち越しに成功した。

 これで試合が終了し、土壇場のゴールで一人少ないレスターが2-1で勝利を収めている。

【得点者】
33分 0-1 ジェームズ・マディソン(レスター・シティー)
38分 1-1 ワイト・マクニール(バーンリー)
90分 1-2 ウェズ・モーガン(レスター・シティー)

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

2分59秒でHID化!!!

超簡単取り付け一体型HIDキット新発売

コメントは受け付けていません。