運命の一戦は田中恒成の勝ち!田口と壮絶打ち合い貫禄初防衛/BOX(サンケイスポーツ)

プロボクシング・WBO世界フライ級タイトルマッチ(16日、岐阜メモリアルセンター)壮絶な打ち合いを制した! 王者の田中恒成(23)=畑中=が挑戦者で同級4位、元世界ライトフライ級統一王者の田口良一(32)=ワタナベ=を3-0の判定で下し、初防衛に成功した。昨年9月に世界最速に並ぶ12戦目で3階級制覇を達成した田中は、中盤から試合を支配。3人のジャッジは1人が10ポイント差、2人が6ポイント差をつける大差で王者を支持した。田中は年内にV2戦を行い、来年にも日本選手初の4階級制覇に挑む。 

 足を止めて打ち合った。最終12回。ポイントは大きくリードし、リスクを背負う必要はない。だが、真っ向勝負を選んだ。9連打、そして魂の12連打…。田中が一つ一つのパンチに尊敬と感謝の思いを込め、大差でV1に成功した。

 「最後は意識的に足を止めた。倒すつもりだった。リスペクトしている田口選手の気持ちは分かっていたし、打ち合うことが勝ちにつながると思っていた」

 2年越しに実現した因縁マッチだった。互いが保持していた世界ライトフライ級の王座を懸け、2017年12月に計画していた団体統一戦は田中が同年9月の防衛戦で両目眼窩(がんか)底を骨折したため水に流れた。

 立場と階級を変えての大舞台は壮絶な打ち合いに。3回には強烈なパンチをもらい、ぐらついた。背水の陣で臨んできた田口の鬼気迫る気迫が、田中を熱くした。

 田中の父でもある斉(ひとし)トレーナー(51)は「ラストチャンスをつかみにくる男の根性を感じた」。所属ジムの畑中清詞会長(52)も「田口はいい根性をしていた」と最敬礼した。意地と誇りと根性がぶつかり合った平成最後の世界戦日本選手対決は、見る者の心も揺さぶった。

 「田口選手の気持ちに応えることばかりに頭が行きすぎた。パンチをもらいすぎ。内容は反省ばかりです。田口選手は本当に強かった。試合ができて光栄だったし、感謝しています」

 左目下と右目上を腫らした王者は猛省。一方で、「強い気持ちで打ち続けた」とその表情は誇らしげだった。

 19日には中京大の卒業式に出席する。1年留年したが、不足した単位をきちんと取得した。経済学部に通い、「ボクシングと経済効果と夢」が卒論のテーマ。少し腫れた顔を気にして「卒業式までに治るかな」と苦笑した。式では15年に卒業したフィギュアスケートの浅田真央さん以来となる理事長特別賞を授与される。

 そして、V2戦と来年にも狙う日本選手初の4階級制覇に向けて動き出す。今回が7度目の世界戦でようやく2度目の全国中継。「有名になりたい」とさらなる高みを目指す王者は、また一つ強くなった。

【広告】

【GMOとくとくBB WiMAX2+】

市場最安級の月額料金3,609円で使えて、

最大32,000円キャッシュバック! 

市場最強にお得なWiMAX2+はこちら




コメントは受け付けていません。