【ヤクルト】青木が今季の登場曲を決定 平成を代表する大ヒット曲に(スポーツ報知)

ヤクルト・青木宣親外野手(37)が15日、今季の登場曲を人気ロックバンド「GLAY」の「HOWEVER」(97年)に決めたことを明かした。

 言わずと知れた、平成を代表する大ヒット曲。青木は「『HOWEVER』を使わせてもらう。好きな曲。一番ビビッときたから。高校の時からずっと聞いている」と説明した。

 リーダーでギタリストのTAKUROとは親交があり、昨季はオリジナル登場曲の制作を依頼して「AOKI JINGLE TYPE 2 AOKI UP」が完成。アストロズ時代の17年もソロ曲「流転」を使用していた。

【広告】

マンション投資の

新日本地所



コメントは受け付けていません。