貴景勝が4勝目 魁聖を送り出しで下す(スポーツ報知)

出典元:貴景勝(左)は送り出しで魁聖を下す(カメラ・小梶 亮一)

◆大相撲春場所6日目(15日、エディオンアリーナ大阪)

 大相撲春場所6日目が行われ、大関取りが注目される東関脇・貴景勝(22)=千賀ノ浦=は、東前頭筆頭・魁聖(32)=友綱=を送り出して下して4勝目を挙げた。

 貴景勝は前日の負けを引きずらず、立ち合いから落ち着いて対応した。

 平成以降に生まれた大関は25人。そのうち昇進場所で5日目までに2敗したのは、00年名古屋の魁皇、08年春の安馬(のちの日馬富士)の2人だけだ。関脇は上位陣との取組が後半に組まれることが慣例で、多くは序盤に白星を重ねている。昇進には2ケタ白星がノルマ。中盤戦以降は2横綱3大関との対戦を控え、平幕に取りこぼさない上で格上2人以上を破る必要がある。上位で対戦成績が勝ち越しているのは栃ノ心だけと厳しい道が待っている。

コメントは受け付けていません。