白鵬、初日から6連勝 豪栄道初黒星 貴景勝は連敗逃れる/春場所(サンケイスポーツ)

出典元:寄り切りで錦木を下した白鵬=エディオンアリーナ大阪(撮影・林俊志)

大相撲春場所6日目(15日、エディオンアリーナ大阪)横綱白鵬(34)は平幕錦木(28)を寄り切って初日から6連勝。大関豪栄道(32)は平幕大栄翔(25)に押し出され、初黒星を喫した。

 横綱鶴竜(33)は平幕正代(27)をはたき込み、1敗を守った。大関とりの関脇貴景勝(22)は平幕魁聖(32)を送り出し4勝目を挙げた。かど番大関の栃ノ心(31)は上手投げで小結御嶽海(26)を下して4勝2敗。大関高安(29)は平幕妙義龍(32)を押し出して5勝1敗とした。

 先場所優勝の関脇玉鷲(34)は、平幕北勝富士(26)を押し出して、3勝3敗の五分に戻した。全勝は白鵬と平幕逸ノ城(25)の2人。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。