神戸新加入のMFサンペールがハーフタイムに登場(サンケイスポーツ)

出典元:ハーフタイムファンに挨拶する神戸・サンペール=ユニバー記念競技場(撮影・二星昭子)

J1神戸が新たに獲得したMFセルジ・サンペール(24)が13日、ルヴァン杯第2節C大阪戦(神戸ユ)のハーフタイムにサポーターの前に登場。ゴール裏のサポーターとハイタッチをかわすなど交流した。

 サンペールは今季スペイン1部リーグの強豪バルセロナに所属しており、元スペイン代表のMFイニエスタ、FWビジャに続き“バルサ化”へのピースとして獲得。主に守備的MFでプレーし、期限付き移籍した他クラブでの実績を含め、1部リーグで計25試合に出場。スペインの年代別の代表にも選出された実力者だ。

 神戸に所属する外国籍選手はこれで7人目。今季J1ではベンチ入り、同時出場ともに外国人枠は5人までに拡大されたが、その枠をめぐるハイレベルな競争が行われることになった。

 メディカルチェックなどを済ませて、きょう13日から練習に合流。現在、登録申請中で早ければ17日の清水戦(ノエスタ)でデビューとなる。

【広告】

新規申込みで

70,000円キャッシュバック

【SoftBank 光】

コメントは受け付けていません。