【ヤクルト】2019年チーム1号は10年目の荒木「紅白戦といえどチャンス」(スポーツ報知)

出典元:紅白戦の5回2死二、三塁、左越えに勝ち越しの3ラン本塁打を放つ荒木貴裕

ヤクルトは9日、今キャンプ2度目の紅白戦を行い、10年目の荒木貴裕内野手(31)がチーム1号を放った。

 文句なしの一発だ。5回に同点に追いついてなお、2死二、三塁。中尾の投球を振り抜くと、打球はライナーで左翼スタンドに飛び込んだ。昨季も代打などで貴重な戦力として貢献。「紅白戦といえどチャンス。自分の中でゲームを想定して、ある程度プレッシャーをかけて、その中で打てたので良かったです」と会心の表情を浮かべた。

コメントは受け付けていません。