【巨人】高橋尚成氏、現役キューバ代表の練習を突撃リポート!「目の輝きがすごい」(スポーツ報知)

zeroUV

アメリカ・カリフォルニア発祥の

大人気サングラスショップ

出典元:キューバの人々に大歓迎される尚成氏(中央)、槙原氏(右端)、駒田氏(左から2人目)

OBで野球評論家の高橋尚成氏(43)がキューバの野球をリポート。同じくOBの槙原寛己氏(55)と駒田徳広氏(56)と現地の野球チームや、現役キューバ代表の練習を突撃。元キューバ代表のレジェンドたちとも触れ合い「素晴らしい経験をさせてもらった。日本がどれだけ恵まれた環境で野球ができているのかもよく分かった」としみじみと語った。(取材・構成=高田 健介)

巨人入りの夢をつかんだモタ(左)とラモス

 本当に多くのことを学ばせてもらった。社会人・東芝時代、そして巨人に入団してからもキューバ出身選手とは何度も対戦した。DeNAでは、現アストロズのグリエルと同僚だった。彼らに共通するのは、ものすごくポテンシャルが高い、ということ。いつか、キューバを訪れて、各世代の練習や環境などを肌で感じたいと思っていた。

 今回、知人を介してそのチャンスを得ることができた。1月下旬から、駒田さん、槙原さんと一緒に、首都・ハバナを1週間、訪問した。ラテンアメリカ王座をかけて開催される「カリビアン・シリーズ」に参加する、キューバ代表の練習も見学した。日本なら「侍ジャパン」。もちろん、選手たちのレベルはかなり高いが、驚いたのは環境面の違いだ。

 球場はハバナで一番と言われているものだったが、日本のそれとは比較にならない。選手たちは1本のバットを何人かで使い回しているし、道具も新しい物ばかりではなかった。私も日本代表に選出されたことはあった。その時は多くの報道陣が練習から取材に訪れていたが、その姿もなかった。拍子抜けするくらい、静かな中で練習していた。グラウンドも芝、というよりは雑草という感じ。内野も日本のようにきれいに整備されてはいない。ただ、こういうグラウンドで守備をしているから、グラブさばきがいいんだろうな、とも感じた。

【広告】

【GMOとくとくBB WiMAX2+】

市場最安級の月額料金3,609円で使えて、

最大32,000円キャッシュバック! 

市場最強にお得なWiMAX2+はこちら




コメントは受け付けていません。