オリックス・福田、ニューグラブで定位置獲得へ「いい感じ」(サンケイスポーツ)

出典元:オリックス・福田のグラブのアジャスター

今キャンプ中、遊撃手に挑戦しているオリックス・福田周平内野手(26)は、ニューグラブで定位置獲得に挑んでいる。

 福田はショートコンバート指令を受け、グラブをモデルチェンジ。用具提供を受けている美津和タイガー社が4スタンス理論を参考に、福田に合ったグラブを作り上げた。福田は薬指をポイントにボールをつかむため、より薬指が効くように「ヒンジ」と呼ばれる部分の紐を直角にし、フィット感を高めるための固定リング、手の甲の部分には調整用のアジャスターが装着されている。微妙に調整が違うタイプを3種類、用意してもらい福田も「いい感じです。いろいろグラブ職人さんが考えてくれて、ありがたい」と手応えバッチリだ。

 美津和タイガー社といえば、かつて掛布雅之氏が愛用していたことで有名。一度は倒産したが、数年前に虎印の野球用品が復活した。福田は1年目からグラブとスパイクを愛用。メーカー担当者は「掛布さんが築き上げたブランドを、福田がより新しいイメージにしていって欲しい」と掛布氏の“後継者”に指名した。

 3月には福田モデルのグラブが一般発売される予定。オリックスの主将は。新たなブランドの顔としても期待されている。

【広告】

【横浜FCチケット販売】




『キングカズ』こと三浦知良選手が所属する

Jリーグチーム【横浜FC】

コメントは受け付けていません。