マンU、夏にCBを補強か?U-21仏代表CB獲得に125億円(フットボールチャンネル)

出典元:ダヨ・ウパメカノ【写真:Getty Images】

イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドはドイツ・ブンデスリーガのライプツィヒに所属するU-21フランス代表DFダヨ・ウパメカノの獲得を画策しているようだ。英メディア『デイリー・ミラー』などが現地時間の5日に報じた。

 ユナイテッドはジョゼ・モウリーニョ前監督の時からCBの補強を目指していたが、今冬の動きはなかった。だが、夏に大きな動きを見せそうだ。このフランスの若きDFには8800万ポンド(約125億円)の移籍金が設定されている。

 ウパメカノはオーストリア1部のザルツブルクから2017年にライプツィヒに加入。今季ここまで公式戦20試合に出場している。

 現在、ユナイテッドではフィル・ジョーンズ、ヴィクトル・リンデロフ、エリック・バイリー、クリス・スモーリングがCBで起用されている。20歳の若手DFは加入が決定した場合、ユナイテッドでレギュラーを掴み取ることはできるのだろうか。

コメントは受け付けていません。